日本伝統工藝

日本で生まれ
日本で育つ
伝統の色・形象
受け継がれる技
そして、スピリット

手仕事の尊さ

時間を惜しまず
手間暇をかけることの意味
忘れかけた日本の「こころ」
不便であることの素晴らしさ

体感する事の愛しさ

自らが体感し
考え、想う
日本の「心」を
今、世界と分かち合う

ご挨拶

古より、豊かな水と緑に恵まれた私たち「やまとのひとびと」は、
世界でも特異的な文化を生み出してきました。
その感性は、永きに渡り工芸作品を通して、
繊細で優美な輝きを、幾重にも表現してきました。
それらは、崇高な感覚を持ち合わせた、
名も無き無数の職人達の手によって産みだされ、
彼らにより、日本の「ものづくり」は根底から支えられてきました。
世界の様々な文化を間近に感じられるこの時代において、
私たち日本人が大切にすべきものとは。
「やまと」とは、日の本「日本人」を、
「いろ」とは、私たち日本人ひとりひとりの「個性」を表す。
「やまといろ」は、私たち日本人が本来の「個性」を輝かせ
自らが気付き、知ることを、、、
そして「ほんまもん」の感動を分かち合う事を願っています。
更なる美しい日本の伝統工芸を、未来へ。
そして、世界へ。